自転車の話

【岡山☀⛅19/7】 【東京☀19/10】

中国と言えば自転車!中国での自転車生産台数は年間約8千万台、世界の生産シェアの7割を占め、そのうち約5千万台は海外輸出されているとのこと。
近年は自動車の普及で自転車は“庶民の足”から“貧しい人の乗り物”に地位も下がり気味だったらしいけど、2008年の北京オリンピックを機に人々の環境への意識や健康志向が高まり、ここ数年再び自転車が見直されているそうです。最近は、乗り捨て可能なレンタサイクル業者なども出てきて自転車文化の復活の兆しも。
さすが、やはり自転車大国!!

日本も自転車保有率は年々増加しているそうだけど、2020年にオリンピック開催の東京(日本)も、環境への意識や健康志向がこれからどんどん高まるだろうから、自転車にさらに注目が集まる気がする。
スポーツとしてだけでなく、実用面でもママたちの子供の保育園・幼稚園の送り迎えや買い物に電動アシスト付自転車が大活躍している。ママたちが安全に自転車に乗るためにも、歩行者の安全のためにも、自転車レーン等の整備は大切だろうな。都心は駐輪場不足の問題も大きくて、当方も駐輪場の予約が半年以上の待機中。自転車は部屋の中にあって出し入れが面倒で全く使っていない。

わが故郷岡山も自転車だらけのイメージが強い。岡山駅や岡山大学周辺は、朝晩の通勤通学時間帯は自転車がいっぱい、というか群れを成して走ってた記憶がある。最近はどうなんだろう?
色んな問題がある中、車の自動運転化の時代に、人力の自転車の人気も高まるなんてなんだか面白い。

KU at 東京

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中