島根県大田市に

毎年8月、お盆の時期に開催されている石見銀山国際音楽アカデミーの夏季マスタークラスの準備で現地に。

広島空港からレンタカーで先程大田市到着。お腹空いたので何か食べよう、、、と思ったけどどこで??

あった!国道9号線沿いにすき家! 牛丼でいいか、と車を降りて入口に向かったら店員さんが出てきて「すみません、ご飯がなくなりました」と。

お〜、マジかぁ。炊き上がまでは待てない。

少し離れたところにファミレスのガストがあった。深夜1時まで営業。ここでいいかと店に入った。店内には6グループのお客さん。でなぜか全て女性。学生っぽいグループ1組、あとみんな主婦ぐらいの人たちばかり。この時間に??なんだかすごく不思議だ〜。

そんなこと知らなかった〜「ツナ缶の話」

子どものころ初めて「シーチキン」を食べた時のこと、今でもなんとなく覚えている。魚とは思えないネーミングを不思議に思いながら時々食卓にのぼるシーチキンをマヨネーズをたっぷりつけて食べた。美味しかった!

そのツナ缶もついにサバ缶に売上首位の座を明け渡したらしい。私もサバ缶は時々食べるけど昔より格段に美味しくなったと思う。

で、その新聞記事の一文「不漁で魚価があがっったカツオでつくるツナ缶が値上がりし・・」

なになに?? 意味わからない。。。ツナ缶の原料はカツオなの??

それこそ大きな商品偽装的な話にならないの?もはや世界中周知の事実なんだろうなぁ。

ネットでちょこっと見たらマグロとカツオは兄弟みたいに近い種類ぽい。「マグロ属」「カツオ属」と分類され、その上のくくりは「サバ科」!えっ?だったらみんなサバ缶じゃないか!!??

まあとにかくそうらしい。この歳になるまでほんと知らんかった「ツナ缶」のお話。

Issey