子どものころ初めて「シーチキン」を食べた時のこと、今でもなんとなく覚えている。魚とは思えないネーミングを不思議に思いながら時々食卓にのぼるシーチキンをマヨネーズをたっぷりつけて食べた。美味しかった!

そのツナ缶もついにサバ缶に売上首位の座を明け渡したらしい。私もサバ缶は時々食べるけど昔より格段に美味しくなったと思う。

で、その新聞記事の一文「不漁で魚価があがっったカツオでつくるツナ缶が値上がりし・・」

なになに?? 意味わからない。。。ツナ缶の原料はカツオなの??

それこそ大きな商品偽装的な話にならないの?もはや世界中周知の事実なんだろうなぁ。

ネットでちょこっと見たらマグロとカツオは兄弟みたいに近い種類ぽい。「マグロ属」「カツオ属」と分類され、その上のくくりは「サバ科」!えっ?だったらみんなサバ缶じゃないか!!??

まあとにかくそうらしい。この歳になるまでほんと知らんかった「ツナ缶」のお話。

Issey

広告